Q & Aよくある質問

家づくり

Q平屋のメリットとデメリットは何ですか?

家を建てようと思ったとき、若い方には「平屋建てにしようか」という選択肢はなかなか出てこないと思います。 しかし、高齢化の進む現代になって平屋はそのメリットから注目を浴びるようになりました。

平屋の一番のメリットは、ワンフロアで生活が完結するということです。2階に自分の部屋があると、荷物を持って上がるのが億劫になり、結局1階に何もかも置いてしまうことも。実際に3階建ての家に暮らしていらっしゃるお客様は、自分の家の中の行動範囲が狭くなってきたと感じているとおっしゃっていました。高齢者だけでなく、若い方でも平屋のほうが住みやすいことに変わりはなさそうですね。

また、ワンフロアに家族全員が暮らすため、人の気配を感じることができます。1階2階に分けられたそれぞれの自室で過ごす場合に比べ、楽しい気持ちや落ち込んだ気持ちを肌で共有しやすく、家族観のコミュニケーションが円滑になるはずです。

特にお子さまは自分の気持ちを表現できなかったりしますので、顔をすぐに見られる平屋でのびのび過ごさせた方が安心ですよね。

さて、その反面デメリットもあります

平屋を考えたけれど、建てなかったという方。それは平屋を建てるのがもったいないと思ったからではないでしょうか?

利便性の高い街中に、十分な広さの土地を買うというのはなかなか大変なことです。40坪、50坪という広さでは一般に平屋には狭く、めいっぱいの面積で2階建ての家を建てたいと思うのが自然な考えです。

同じ土地に2階建ての家と平屋建ての家を建てた場合、基礎や屋根にかかる金額の割合は平屋のほうがワンフロアしかない分、高いということになります。「坪単価が高い」と言われるのはこういった理由からです。

部屋数や駐車場・庭スペースと、住みやすさを天秤にかけた時、広くない土地では前者を選びたくなって当然です。

逆に言えば、十分な広さの土地があれば、平屋建ての検討にはゆとりが出てきます。便利な街中に暮らすか、広々とした郊外に暮らすか。

平屋建てのメリット・デメリットを改めて確認することで、ぜひ家づくりの選択肢を広げてくださいね。


お問い合わせはこちら
直接電話する
お問い合わせ ページトップへ