Flow家づくりの流れ

スミコーホームズの家づくりの流れ

注文住宅の家づくりの期間は、請負契約にある「工事期間」以外にも打ち合わせの時間もかかるものです。スミコーホームズでは円滑に着工ができるよう期間の目安を設けています。

1

ご来場と初期の打ち合わせ

初めて住宅をご検討する場合、まず何から初めて良いか分からないと思います。いろんな工務店やハウスメーカーに行ってみたり…モデルハウスを見てみたり…

スミコーホームズでは初めてご相談をしていただく場合は、お客様を第一に考え親身になってアドバイスさせていただければと思います。

2

予算の上限を決める

だいたい予算は皆様は持ってらっしゃると思いますが、土地や建物、その他諸経費など住宅建築は思ったよりお金がかかるものです。スミコーホームズではまずは予算の上限を決めてから、具体的な家づくりについてお話しします。

どれほどの金額を家づくりに出せるか、「ここまでなら貯金を切り崩しても大丈夫」、というラインを引いて総額を出してみましょう。そこから頭金に使うお金、諸経費に使うお金、と分けていきます。住宅ローン返済分の合計金額は、土地代や建物代のほかにも、諸経費に対してつなぎ融資を利用するかどうかといった選択肢で変わってきますので、どのタイミングでいくら使えるのかを把握することがポイントです。

3

土地の現地調査

現地調査は日当たり、周辺の様子、音や風向き、そして雨天の排水が基本ポイントです。土地購入から住宅建築のお手伝いをしているスミコーホームズではもちろん現地調査もしています。

日当たりは、特に日が落ちてからの周辺の灯りなど、駐車スペースから玄関までの照明計画の参考になりますね。

4

打ち合わせ

いよいよ新居の本格的な打ち合わせにはいります。打ち合わせ期間は最低1~3ヶ月を目処にしています。実はこの期間はご親戚からのアドバイスを聞いたりと参加者が増えて楽しくなる一方で、迷いや悩みが増えてしまうこともあるんです。

私たち工務店はお客様のご要望を聞きながら、プランニングの青写真を常に頭に描きつつ、見積もり金額もはじき出しています。ゾーニングで肝心な玄関の取り方ひとつでも家づくりの方向性が大きく変わりますので、お客様のお考えをもとに繰り返しプランを検討して打ち合わせに時間を使います。

5

着工・工事のスタート

晴れて着工、工事がスタートします。大工棟梁が毎日コツコツ家をつくっていきます。スミコーホームズでは、大工は1名を専任として現場を受け持ちます。大工自らが住みたくなるような家を心がけ、のびのびとつくっていきます。

「初めまして」とお会いした時から始まる家づくり。ご家族が新居でニッコリされる日を目指して一緒に家づくりをしていきましょう。

完成保証制度をご存知でしょうか?

「完成保証制度」とは、新築住宅の建設途中にその請負業者が倒産等により工事が中断されてしまった際、他の業者様が工事を引き続き完成させるという制度です。
※工事引継ぎの他、支払い済代金の保証を行うものもあります。

この仕組みを聞いて、浜松地区のみなさまには某住宅会社の倒産のニュースを思い出す方もいらっしゃるのではないでしょうか?契約後に高額な建設工事代金を支払い、完成を待ちわびていた所に、思いもよらないトラブル…。

完成保証制度は、新築やリフォームをされる方を支援する制度ですので、是非覚えていて下さいね。

スミコーホームズは、日本住宅保証検査機構に建設業者登録をしています。完成保証制度をご利用になりたい方は、お気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら
直接電話する
お問い合わせ ページトップへ